ハマ弁やめて!まずい理由は味のせい?業者や製造方法がヤバい!




こんにちは、占い名人のトミーです。

今回は、横浜市の中学校で提供されている「ハマ弁」のまずい理由や製造業者について、

さらに、

中学生の味の評判や製造方法についても調べてみたいと思います。

 

ハマ弁やめて!まずい理由は味のせい?

横浜市の「ハマ弁」、名前はかっこいいですが、不人気で味も不評のようです。

ヤフーニュースで取り上げられるほどですから、よっぽど生徒や保護者の不満が高まっているのでしょう。

保護者からはハマ弁をやめて給食にして欲しいといコメントが寄せられています。

 

衆議院議員の方までもツイートしています。

ハマ弁は冷めても美味しい?業者や製造方法がヤバい!

ハマ弁が不評でまずい理由は、おかずが冷えているからです。

横浜市は、保護者や中学生がハマ弁を頼まない理由にしっかり耳を傾けて欲しいです。

冷めてもおしいいお弁当よりも、あたたかいコンビニ弁当の方がよっぽどおいしいです。

横浜市もハマ弁の製造業者も、安全を優先する姿勢は理解できますが、お弁当が冷めててまずいのでは話になりませんね。

 

ハマ弁が人気のない根本の原因は製造方法にあるようですね。

製造業者は、85度で過熱したおかずを食中毒対策のために19度に冷やして運搬するようです。

・ハーベスト株式会社

・株式会社美幸軒

・(株)わくわく広場

がハマ弁の製造を担当しているようです。

栄養満点でも、冷めている弁当をわざわざ作る必要がどこにあるのか?

税金を使ってやるならちゃんとしたごはんを作って欲しいです。

ハマ弁やめて!まずい理由は味のせい?業者や製造方法がヤバい!まとめ

横浜市の「ハマ弁」について書いてきましたがいかがでしたか?

冷めたハマ弁を温めるために大型電子レンジを学校に導入する計画もかるとか・・・・

それなら、コンビニ弁当と変わらなくなりますよ。

横浜市の中学生の生徒さんがかわいそうです。一日もはやく温かくておしいい給食に切り替えて欲しいですね。

 

それでは最後まで読んでくださりありがとうございました。