神田松之丞の嫁は食パンみたいで画像は?講談を始めたきっかけも!




こんにちは、占い名人のトミーです。

今回は、

講談師の神田松之丞(かんだまつのじょう)さんについて、

嫁は食パンに似ているようなんですが、結婚相手は誰なのか?

どんな顔なのか気になったので画像・写真を探してみました。

さらに、

神田松之丞さんが講談を始めたきっかけが気についてもとめてみました。

神田松之丞の嫁は食パンに似てる?顔の画像や写真は?

神田松之丞さんの嫁は食パンに似てるとの話がネットに上がっています。

食パンに似ているという話のきっかけは、

TBSラジオ「神田松之丞 問わず語りの松之丞」の2018年9月9日の放送で、

三代目柳亭小痴楽(りゅうていこちらく)さんが、仲里依紗さん似の美女と結婚したという話で、

それに比べて、神田松之丞さんの嫁は食パンに似てるとネットで言われていると笑いのネタにしたのが発端なんです。

その時のTBSラジオのトークがこちらです↓

 

仲里依紗さんと食パンって、比べるとこんな感じなのかな?

出典:riisa1018naka

仲里依紗さんと食パンでは、いくらなんでも・・・

神田松之丞さんもラジオで嫁は食パンではないと怒っています。

 

神田松之丞さんは、2016年8月に嫁と結婚したことが、

週刊新潮に特集で紹介されています。

神田松之丞さんの結婚相手は、一般女性で出版社に勤めていたということです。

神田松之丞さんの本名は、古舘 克彦(ふるたち かつひこ)さん、

嫁の名前は、古舘 理沙(ふるたち りさ)さんというらいですが、

インスタ、Facebook、twitterでも、古舘理沙さんのアカウントはないですね。

顔の画像や写真は、公開していないようです。

神田松之丞が講談を始めたきっかけは?

今回、「浅草芸能大賞」の新人賞を受賞した神田松之丞さん、

大人気の講談師で、寄席のチケットもなかなか取れないらしいんです。

それもそのはず、

神田松之丞さんは、9人の先輩をゴボウ抜きして、

2020年2月に真打ちに昇進することが決まっています。

神田松之丞さんの自身のブログでも書いていますが、

講談師にも階級があって、昇進も年功序列で決まっているようなんです。

そんな中、9人抜きで真打に昇進するなんて異例ですよ。

 

神田松之丞の嫁は食パンみたいで画像は?講談を始めたきっかけも!まとめ

神田松之丞さんの嫁は食パンに似ているのか?

嫁の顔の画像や写真を見てみたかったですが、残念です。

 

講談を始めたきっかけは、神田松之丞さんが浪人中のとき、

ラジオがきっかけで、落語が好きになったそうです。

立川談志さんのファンになり、これしかないと思ったそうです。

松之丞 大学に落ちて浪人中に初めて談志師匠の「らくだ」という古典落語を聴いた時に、これしかないっていう衝撃を受けて。こちらの若い感受性もあったと思うんですけど、帰りの道すがらずっと鳥肌が立ってました。それでいろいろと掘っていくと、談志師匠は講談も好きで、講談を噺に取り入れていることもあり、その要素に僕は惹かれたんだなということがわかったんです。
引用元:文春オンライン

古典落語から入って講談に引かれたんですね。

 

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございます。