スーパームーン2019は何時(なんじ)!最大の見頃はいつか?




こんにちは、占い名人のトミーです。

今回は、

2019年2月19日から20日のスーパームーンについて、

何時(なんじ)からで、いつから見えるのか?

満月が最大になるのはいつか?まとめてみました。

 

さらに、

東京や大阪、名古屋など、全国の天気についてもお伝えしますね。

スーパームーン2019は何時(なんじ)!満月の最大はいつか?

今年のスーパームーンは、2019年2月19日から20日にかけて見ることができます。

スーパームーンの満月が最大になるのはいつなのか気になりますね。

満月が最大になるのは、2019年2月20日(水)0時54分

つまり、2月19日の夜中の0時が明けて、20日に日付が替ってすぐということになります。

スーパームーンが水平線から登って、15度の位置にくるのが2月19日18時頃なんですが、

最近は日が伸びてきて、日没の時間が18時近くになっています。

ちなみに、2月19日の東京の日没時間は、17時26分なので、18時だとまだ空がまだ明るいです。

九州では、日没が18:06分です。夕焼けの時間で夜とは程遠い明るさです。

19日は、18時30以降が日も完全に沈んで、空も暗くなると思います。

スーパームーンは水平線から30度くらいまで登ってますが、19日火曜日の見頃は、18時30分以降ですね。

スーパームーン2019は何時(なんじ)!満月の見頃はいつか?

スーパームーンは、水平線から登ってきたタイミングが一番大きく見えます。

空の真上に登ってしまう夜中は、それほど大きく感じないと思います。

 

理由は、水平線にある月の方が、地球の大気を横に見ているので、

月の光が大気を長く通過する分だけ、大気がレンズの効果をして拡大されて見えます。

 

満月の最大は、19日が明けて20日の0時54分ですが、この時間の月は空を高く昇っています。

それよりも、19日の水平線から上がって来るタイミングがスーパームーンが最も大きく見えると思います。

19日の東京の月の出は16時57分、日没は17時26分なので、日没後30分ぐらいの18時が見頃ではないかと思います。

しかし、19日は全国的に雨が予想されています。

前日の18日や次の日の20日もスーパームーンと変わらない月が見えると思います

 

私は、20日の18時頃も、おすすめだと思っています。

20日の月の出は18時11分と、日没後になります。水平線から登った大きいスーパームーンを見るチャンスです。

満月の次の日の月は、十六夜(いざよい)と言われていて、月見をするには見頃とされています。

スーパームーン2019は何時(なんじ)!最大の見頃はいつか?まとめ

2月19日火曜日は全国的に雨が予報されています。

2月18日月曜日や2月20日水曜日は晴れる所も多いとのこと。

19日火曜日が雨だった場合は、20日水曜日の18時頃も、スーパームーンの見頃のチャンスだと思います。

 

それでは最後まで読んでくださりありがとうございます。